TKT48の転妻広報大使、広報・PRスタートアップ講座でPRを学ぶ

 
こんにちは!
TKT48プロデューサーの奥田美和です。
 
 
「47都道府県+海外=48地域の、転(T)・勤族の(K)・妻(T)、略して、TKT48!」
 
今でこそ、自己紹介の時にTKT48についてそのように説明していますが、2014年3月に発足した当初は、
「転妻(てんつま・T)・広報(K)・大使(T)、略して、TKT48!」
でした。
 
 
mixiやブログなどで知り合った奥田の昔からの転妻友達と、ずっとブログを見てくれていたという転妻さんと、30名くらいでTKT48は始まりました。
 
せっかく全国にいるのだから、各自が出身地や転勤先の情報をFBページで発信したら、これからその土地に転勤してくる転妻さんのお役に立ったり、地域をPRすることで地域活性化に繋がるのではないか。
 
そう思って「転妻広報大使~TKT48~」というグループ名をつけました。
 
 
1期生10名から始まり、途中で卒業してしまうメンバーもいる中、現在では1期生から4期生の「本当に地域のことが好きな」メンバーが自分のペースで地域情報を投稿しています。
 
それを見て、金沢のワークショップに呼んでもらえたり、水戸市役所と一緒に水戸みやげパンフを作ったり、ミサワホームと「転勤族定住応援プロジェクト」をやることになったりしました。
 
 
 
また、TKT48発足してからプレスリリースを一度も出していないのに、NHK「あさイチ」のスタジオ出演をはじめ、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・Webサイトと、2年間で25回以上取材を受け出演・掲載されました。
 
1999年からボランティアでやってきた転妻支援活動が、HP→mixi&ブログ→Facebookをはじめ各種SNS、と活動場所を変えることで、ようやくメディアに取り上げてもらえたのです。
 
 
それは、行政に「引きこもっている転勤族の妻」の支援をして欲しいこと、また、転勤族の「ヨソモノ」視点はきっと役に立つことを知って欲しかったから。
 
 
私の本業はITコンサルタントです。だから、Webサイト制作やSNSの活用方法、SEO対策はわかります。
 
でも、「広報PR」や「マーケティング」については素人です。
 
だから今回、日本パブリックリレーションズ協会の「広報・PRスタートアップ講座」にて、「広報・PR」についてしっかり学ぼうと思いました。
 
3
 
★☆★☆★
 

【パブリックリレーションズとは?】

企業や行政や団体が、パブリック(=公衆=生活者)と、双方向のコミュニケーションを通じて、良好なリレーションズ(=関係)を作っていくこと。
 
要するに、行政視点寄りのTKT48流に言えば、共助社会づくり。
⇒ 地方共助社会づくり懇談会 in 埼玉
 
 
企業や行政や団体は、(メディアを通じて)自分たちのことを/自分たちのサービスや商品を、生活者に知ってほしい。
 
TKT48(生活者)は、(TKT48メディアを通じて)行政に「引きこもっている転勤族の妻」がいること、また、転勤族の「ヨソモノ」視点はきっと役に立つことを知って欲しい。
 
あ!パブリックリレーションズとは、TKT48の「転妻が一番お世話になる行政/まちづくり関連企業」リレーションズの、正反対なんですね!
 
4
 
さて、マーケティングとは。
 
企業が発信したい情報は、通常は、企業の現場→企業広報部→広告代理店 or PR会社→Web制作会社→ニュース配信サイト→ポータルサイト→各種SNS(→まとめサイト→キュレーションサイト)→生活者+マスコミ、と長いステップをたどって私たちに届きます。
 
 
広報・PR業界が「情報を広めて生活者に届ける」ことが仕事なら、
IT業界は「広まった情報を集約化する」ことが仕事。
 
 
だから今、マーケティング3.0ならぬ【マーケティングZ】コンサルティングもできる生活者→企業の現場→お客さん視点の生活者企画を実行中です。
 
 
企業の現場の方と一緒に企画している中で、企業広報部にとってはどう見えるのかわからなかったのですが……。
 
今回の講座を受けることで、メディアの記者さんとも企業の現場の方とも違う「広報部やPR会社の視点」を理解することができました。
 
1
 
★☆★☆★
 

【人間を救うのは、人間だ。】

今回、初めてプレスリリースを考えてみるなど、3日間を通じて学ぶことばかりでした。
 
その中でも、4/13の講義の中で例として挙げられた、日本赤十字PR力強化プロジェクト「もっとクロス!計画」の話が印象的でした。
 
あまりに感動したので、FBに下記のように投稿しました。
――まさか、4/14の夜に、熊本で震度7の大地震が起きるとは知らずに。
 
 
【メディアリレーションズ~情報は命を救う~】
 
先日の講義で、日本赤十字社が広告代理店から広報の仕方やメディアの方との付き合い方を学んだ、という話がありました。
 
石巻赤十字病院が、広報を頑張って表彰された1週間後に東日本大震災発生。
  
忙しい中でもメディアの方にも現場に入ってもらい、食糧不足をテレビを通じて訴えたところ、翌日には牛丼チェーンが助けてくれたのだとか。
 
  
その話を聞いて泣けてしまいました。
 
だって、東日本大震災の時に転妻さんが情報収集の仕方を知らなくて、mixiやツイッター上でパニックになっているのを見て、「転勤族ねっと」HPに情報を集めて各所に発信したから。
 
 
TKT48を作ったのは、情報収集が苦手な方でも、「転勤族」と検索さえすれば居場所&情報源にたどり着けるようにしたため。
  
TKT48チーム熊本メンバーはみんな無事のようだけど、
何かあれば、全国800名の阪神&中越&東日本大震災経験者だけではなく…
 
奥田のタイムラインを見て下さっている、メディアや行政の方が、きっと助けてくれる。
 
有事の時こそ、転勤族(全国メディアの記者さん含む)繋がりはありがたいな…と思うのです。
 
 
参考: 石巻赤十字病院 初動記録
※有事の時こそ、記録を残しておく。それが後々、貴重な財産になるんですね。
http://www.ishinomaki.jrc.or.jp/news/general/post-209
 
 
 
そして、今日、「PRパーソン見習い」の視点で感じたことです。
 
【メディアに被害を報道してもらえる町、そうでない町】
  
東日本大震災の時もそうだったけれど、繰り返し報道してもらえる町、甚大な被害なのに気が付いてもらえない町があります。
  
市長でも、有名人でも、転妻でも、誰でもいい。
誰か1人でも、情報発信力があれば、それで救いを求められるから。
 
 
情報が、命を救う。
 


★TKT48 参加方法
http://tkt48.net/member.html
★TKT48 今後のイベント
http://tkt48.net/news.html
 
★転勤族のためのポータルサイト「転勤族ねっと」
http://www.tenkinzoku.net/
★転妻のためのキャリアサイト「転妻キャリアカフェ」
http://www.suai.tenkinzoku.net/