【TKT48チーム茨城×水戸市役所】9.転妻広報大使&高崎観光大使、水戸みやげパンフ片手に水戸周遊!

 
皆さん、こんにちは!
TKT48プロデューサーの奥田美和です。
 
 
去年5月から始まった、水戸市役所とのコラボ企画「転妻視点で水戸土産物パンフ作り」
1.転勤族の妻がセレクトする水戸のおみやげもの企画!(15/5/26)
2.水戸の偕楽園周辺を散策してみよう!(15/6/25)
3.水戸の弘道館周辺を散策してみよう!(15/7/13)
4.水戸のお土産座談会(15/8/21)
5.水戸駅北口~泉町まで散策してみよう!(15/9/11)
6&7.水戸のお土産食べ比べ(15/10/1、10/22)
8.リモートワークで水戸みやげパンフ完成!(16/2/13)
 
 
前回、ようやくパンフレットが完成しました!
 
1602132
 
普通の下請け業者なら「作って、おしまい」ですが、TKT48は違います。
おでかけ&イベント大好き転勤族の妻による、地域活性化企画グループTKT48!
 
「高崎観光大使」&来週から「いしかわ観光特使」でもある、埼玉県非公認広報大使の奥田が広報部を代表して、実際に水戸みやげパンフを片手に、水戸の街を歩いてきました!
 
★☆★☆★

【TKT48水戸みやげパンフを探そう!】

そもそもこのパンフレットを作った目的は、「偕楽園に梅を見に来てくれるけれど、それだけで帰ってしまう。街中を周遊して欲しい」というもの。
 
最初は偕楽園の近くのホテルしか空いていなかったんですが、街中を周遊するには駅近くの方が都合がいいので、駅南側デッキ直結の「ホテルテラスザガーデン水戸」を予約しました。
 

TKT48水戸みやげパンフ発見!その1: ホテルテラスザガーデン水戸

P3050984
 
フロントでチェックインしようとしたら、すぐ横に置いてありました!
 
1
 

TKT48水戸みやげパンフ発見!その2: 「幸田商店」 at エクセルみなみ

ホテルに荷物を置いてから、水戸駅の駅ビル「エクセルみなみ」へ。
 
2
 
パンフレット12番の「べにあずま」平切りを買いました。
優しい甘さで、食べるとほっこりした気持ちになれます♪
 
7
 

TKT48水戸みやげパンフ発見!その3: 偕楽園の東門入ってすぐの観光案内所

P3061075
 
3
 
高崎観光大使、水戸の梅大使と一緒に記念撮影♪
 
P3061087
 
P3061125
 
偕楽園でのお土産は、東門前の水戸黄門茶屋へ。
 
P3061148
 
P3061149
 
ここで買ったのは、パンフレット20番の、五條製菓「水戸梅小町」「梅干し大福」。
パンフに書いてある通り、甘味と酸味と塩味のバランスが絶妙!
 
P3061150
 

TKT48水戸みやげパンフ発見!その4: 水戸芸術館

P3061167
 
このタワーは外観だけではなく内側も不思議なので、スカイツリーや通天閣など普通のタワーは制覇した方にこそ登って欲しいです!
 
タワーを降りて出口手前に、パンフがあります。
 
4
 
この周辺のお土産は、水戸芸術館の近くの京成百貨店の地下1階に行ってみましょう。
 
P3061196
 
パンフレット16番、丸真食品「舟納豆」をお買い上げ。
茨城の納豆は小粒なので、大粒の納豆より糸のねばりが凄いです!
 
5
 
おまけ。納豆鉢を求めて、北関東自動車道の友部IC下車、笠間焼の「きらら館」へ。
この納豆鉢、納豆をかき混ぜてご飯の上に乗せるのにジャストフィットな形です♪
 
P3061207
 
★☆★☆★

【転妻視点の水戸みやげパンフの効果】

水戸市役所の方から「水戸みやげパンフを作りたい」と言われてから、早10か月。
 
「このようなパンフだったら使いやすいだろう」と思ってみんなで作りましたが、本当に使いやすいかどうかは、実際に使ってみないとわかりません。
 
 
今回、水戸に行く前に5種類ほどパンフや地図を入手し、現地で5種類ほどパンフをもらいましたが…
 
一番役に立ったのは…
●「水戸おもてなしMAP」(株式会社万究発行、2015年にどこかで手に入れていたらしい)
●「水戸うまいもんMAP」(水戸市役所の方に送ってもらった)
●「TKT48水戸みやげパンフ」
でした。
 
 
観光地の情報は、はっきり言ってスマホで調べれば、行き方も歴史もわかります。
 
旅のスタイルは人それぞれなので一概には言えませんが、我が家の場合は「お店や土産物は行き当たりばったり」。なので、今回「今いる場所の近くにあるお店、土産物を売っている場所」を調べるのに、地図が必要でした。
 
地図だけは、スマホの小さな画面ではなく、紙を広げて現在地&目的地を確認したいのです。
だから、水戸みやげパンフにも地図を載せてもらいました。
 
 
肝心の土産物については、さすが、チーム茨城メンバーが「当分甘いものはいらない~」と涙目になりながら食べ比べて、美味しいものだけを掲載した甲斐がありました。
 
私たち転妻は、「美味しい」という宣伝にはだまされません。
だって、夫の会社のお金で本場に旅行して(転勤とも言う)、あちこち出歩き、あれこれ食べ比べて、「他の都市の名物と比べても、本当に美味しいもの」を知っていますから。
 
そういう点では、干し芋は、群馬のからっ風にさらされて甘くなった群馬の干し芋といい勝負でしたが、梅のお菓子は「さすが水戸!」と思いました。
 
P3061135
 
水戸の梅まつりは3/31までです。
 
あなたもぜひ、TKT48で作った水戸みやげパンフを持って、水戸の梅まつりへ!
パンフレットは、水戸市役所 みとの魅力発信課のページからもダウンロードできます♪
⇒ 「転妻視点の水戸みやげパンフレット」
 
 
今回のプロジェクトはこれで終了です。
水戸市役所みとの魅力発信課の皆さま、TKT48チーム茨城の皆さま、山梨・静岡のクリエイターズの皆さま、そして、チーム茨城リーダーの松橋さん。
 
本当にお疲れ様&ありがとうございました!
 
この水戸みやげパンフが、ぜひ増版されることを願って…。
 
 
【第120回記念・水戸の梅まつり】
●水戸観光協会のHP
 
【今回の旅行記:TKT48水戸みやげパンフめぐり(16/3/5~3/6)】
1・夜の水戸駅~弘道館
2・弘道館「夜梅祭」~納豆料理
3・千波湖~偕楽園「好文亭」
4・偕楽園~常磐神社
5・水戸芸術館~郷土料理「天翠」~笠間
 


★TKT48 参加方法
http://tkt48.net/member.html
★TKT48 今後のイベント
http://tkt48.net/news.html
 
★転勤族のためのポータルサイト「転勤族ねっと」
http://www.tenkinzoku.net/
★転妻のためのキャリアサイト「転妻キャリアカフェ」
http://www.suai.tenkinzoku.net/