地方共助社会づくり懇談会 in 埼玉

 
こんにちは!
TKT48プロデューサーの奥田美和です。
 
 
TKT48は、さいたま市市民活動サポートセンター登録団体です。
http://genki365.net/gnks13/mypage/index.php?gid=G0000454
 
そして、「埼玉県共助の取組みマッチング事業」専門家登録団体です。
http://kyojo.saitamaken-npo.net/
 
 
16/2/9追記。東京都調布市市民活動支援センター登録団体にもなりました。
http://chofu-npo-supportcenter.jp/keio_tkt48/
 
16/5/13追記。埼玉県戸田市市民活動支援センター登録団体にもなりました。
http://genki365.net/gnkt01/mypage/index.php?gid=G0000209
 
16/5/13追記。札幌市市民活動サポートセンター登録団体にもなりました。
http://www.shimin.sl-plaza.jp/
 
16/7/29追記。熊谷市市民活動サポートセンター登録団体にもなりました。
http://www.kumagaya-shakyo.jp/siminkatudou/list.html
 
 
そもそも、TKT48のキャッチコピーは…
【地方創生×女性活躍推進】企画グループ・転勤族協会TKT48で。
 
現在のキーワードは…
「転勤族の妻」という女性活躍支援+地元団体と一緒に地方創生=共助社会づくりです。
 
 
「地方創生とか、女性活躍推進とか、共助社会づくりとか、難しくてわからない!」という方。実は…
 
●TKT48に参加してみた → ランチ会やイベントの企画をしてみた = 女性活躍推進
●TKT48メンバーと一緒におでかけしてみた → おでかけ先でランチやお土産を買ってお金を使ったり、ブログなどに記事を書いてPRしたら後日知人もそこに行ってくれた = 地方創生
 
なんです!
なーんだ、TKT48に参加している方なら、とっくにやってるんです♪
 
 
では、「共助社会づくり」とは?
 
内閣府&埼玉県主催の「地方共助社会づくり懇談会 in 埼玉」に行ってきたので、専門家の話を、わかりやすく書いてみますね。
 
P1140562
 
★☆★☆★
 

【共助社会づくりの推進について】

「共助」とは?
⇒ みんなが得意なことを持ち寄って、みんなが苦手な部分を助け合うこと。
 
「共助社会」とは?
⇒ 自分で行うという「自助」の精神に立ちながらも、個人の多様な価値観や意思が尊重されながら、新たな「つながり」が構築され、全員で作り上げていく社会。
 
 
ちょっと難しいですね。TKT48チーム愛媛の例を見てみましょう。
チーム愛媛のランチ会は、全員で幹事持ち回り制で開催しています。
 
1.頑張って幹事にチャレンジしてみる!という気になる = 自分でやってみるという「自助」の精神
 
2.リーダーにサポートしてもらいながら、みんなが喜んでくれそうなお店を選んだりする。たまには夜の飲み会も開催してみる = 個人の多様な価値観や意思を尊重
 
3.ドキドキしながらランチ会に行くと、初めましての方とも会える = 新たな「つながり」が構成される
 
4.ランチ会が終わると「幹事やれた!」と思える → 次の幹事さんもこのステップを経験してみる → 全員で作り上げていくTKT48チーム愛媛 = 全員で作り上げていく社会
 
 
TKT48では、
「FBグループに初めましての方が参加したら歓迎コメントを書いてくれる人」
「イベント企画が得意な人」
「ランチ会のお店探しが得意な人」
「ランチ会で盛り上げるのが得意な人」
など、みんなが得意なことを持ち寄って、みんなが苦手な部分を助け合ってる……
 
なーんだ!TKT48でいつもやっていることが「共助」なんだ!
と、わかってもらえたと思います♪
 
下の図では、TKT48は非営利団体(お金儲けではなく、経費だけもらう団体)なので、「共助」の枠の中でも左寄りです。
 
P1140550
 
次の説明で…驚いたことに、「過去3年間のボランティア活動経験の有無」についてのアンケートで、「したことがある」はたったの26.8%。
 
でも、TKT48メンバー800名は「全員ボランティア(=TKT48)活動経験あり」ということになるんです!!
 
P1140551
 
★☆★☆★
 

【共助社会を支えるお金の流れと協働】

「市役所などで、転妻会をやってくれたらいいのにな~」
と思ったことがある方もたくさんいると思います。
 
行政が開催してくれると、転妻は無料で参加できます。
行政には、市民の税金から得た予算があるからです。
 
 
自分たちでやると、会場費などは自分たちで払わないといけないし、このブログだってHPだって、FBグループだって、ぜーんぶボランティア(無料)で管理しなければなりません。
 
 
でも、行政が「転勤族の妻のサポートをしないと大変だ!」と思ってくれるようになるためには……
私たちが「世の中には転勤族の妻という立場の人がいるんです」「夫の会社の転勤辞令1本で人生が変わるんです」ということを、社会に伝えなくてはなりません。
 
 
私の先輩転妻さんたちも転勤族の妻のコミュニティを作ってきていたから……もう30年くらい経つのでしょうか。
 
私が転妻になって17年「転勤族の妻の会」をやり、2014年からTKT48をやったところでNHK「あさイチ」に取り上げてもらうことができ、そこからメディアの取材が続き、一気に【転妻(てんつま)】が社会に広がりました。
 
そして……2014年12月に横浜市男女共同参画センターで「転妻キャリアカフェ」を開催した時に、横浜市都築区の職員の方が来て下さっていて、その後ようやく行政(都築区)主催で転妻会が始まりました!
 
P1140555
 
今の「当たり前」は、誰かの「ほっとけない」から始まっている……
 
先輩転妻の「ほっとけない」を私が引き継ぎ、
私の「ほっとけない」にTKT48チームリーダーが共感してくれ、
チームリーダーの「ほっとけない」がチームメンバーに受け継がれている。
 
TKT48は「ほっとけない」と思う、お世話好きなメンバーだらけです。
 
P1140556
 
★☆★☆★
 

【まちづくり≒地方創生】

「まちづくり」。聞いたことはあるけど、具体的に何を指すのか、よくわからなかったりしませんか?
 
埼玉県内のNPOは、こんなまちづくり推進事業をしています。
 
P1140560
 
転勤族の妻も、何かのご縁で転勤してきた街で、何かできないかな?
TKT48広報部で、転勤先&出身地の地域情報を発信して応援しているけれど、他にも何かできないかな?

 
TKT48を、去年の秋に「TKT48ファンクラブ」(転妻の居場所作り=ランチ会メイン)と、「転勤族協会」(転妻のキャリアサポート&地域活性化=各種企画メイン)に分けた時に、あれこれ考えました。
 
 
現在、地域団体や行政とコラボして、「転勤族パワーで地域活性化!」を試行錯誤中です。
 
●チーム北陸×朝活@金沢「転勤族の妻&金沢の方で、目指せいしかわ観光特使!」ワークショップ(15/7/22)
 
●チーム茨城×水戸市役所「転妻視点の水戸みやげパンフレット」作成(16/2/20~梅まつりで配布)
 
●チーム群馬×一般社団法人ママプロぐんま「ぐんまそだち(高崎に転入してくるママのための冊子)」作成(16/4/1~高崎市役所等で配布)
 
●茨城県女性プラザ「みんながいばらき広報大使!~地域の魅力を語り合う~」ワークショップ(16/8/6)
 
●埼玉県共助社会づくり課「”ママ”も”シニア”も、みんな共助仕掛人!!~1人+1人=2人じゃない?!「プロボノ×共助」で大開眼!~」パネラー登壇(16/11/7)
 
●埼玉ワーカーズ・コレクティブ連合会「インターネットでファンを増やそう~SNSってなぁに?~」講師(17/1/22)
 
●TKT48チーム茨城、水戸市の遊休不動産を有効活用する「ザ・リノベマーケット」に出展!(17/9/16)
 
●TKT48チーム埼玉とことこ隊、戸田市市民活動支援センター「ふらっと広場TOMATO」に出展!(17/10/28)
 
●埼玉県共助社会づくり課「共助は共感のこころから~ファンを増やして、場・仲間・お金を集めよう!~」パネラー登壇(17/11/6)
 
●埼玉県共助コーディネーター養成講座「共助まるかじり実践塾」~ITツールを活用した情報の届け方~講師(17/11/18)
 
 
そして…埼玉県北でも、「共助」企画が始まります♪
 
●「はにぽん女子部」(埼玉県本庄市周辺を応援し隊)
※なんと、2018/1/20公開予定の町おこし地域映画「クオリアの隣で」に出演!
 
P1140561
 
「転勤族の妻」という女性活躍支援+地元団体と一緒に地方創生=共助社会づくり
 
何となく、イメージできたでしょうか?
 
もっともっと簡単に言うと、「転勤先の人々と一緒に面白いことをやって、転勤先を盛り上げよう!」ということ。
今後も楽しい企画を実行していきますので、お楽しみに♪
 
 
※TKT48応援団も募集中です!
http://tkt48.net/supporter.html
 


★TKT48 参加方法
http://tkt48.net/member.html
★TKT48 今後のイベント
http://tkt48.net/news.html
 
★転勤族のためのポータルサイト「転勤族ねっと」
http://www.tenkinzoku.net/
★転妻のためのキャリアサイト「転妻キャリアカフェ」
http://www.suai.tenkinzoku.net/