【TKT48チーム静岡レポ】ママの働き方にワークシェアリングという選択肢を【ShareS(シェアーズ)】

 
皆さん、こんにちは!
TKT48プロデューサーの奥田美和です。
 
 
TKT48は、3つの視点から活動を行っています。

1.【コミュニティ形成】全国+海外の転勤族の妻が集まる、転勤族の妻の「居場所」作り
→「転勤うつ」を防ぐ
 
2.【キャリア支援】「転勤族の妻」のモチベーションをUPさせる
→ 会社員復帰に必要な「企画力&マネジメント力」をつける機会を提供する
 
3.【地域活性化】「転勤族の妻」だけで固まるのではなく、転勤先での各種交流を図る
→ 全国を転勤し各地の現場を知っている「転勤族」視点での地域PRサポートを行う

 
 
「全国のご近所コワーキングスペースで、転妻やママたちがワークシェアできるようになったらいいな」と思って埼玉で動いていたのですが…
 
なんと!静岡でそのようなコワーキングスペースができたとのこと。
 
静岡県非公認広報大使のかおりんが取材してくれました!
 
 
★☆★☆★

【ママのためのワークシェアオフィス・ShareS】

静岡県非公認広報大使のかおりんです。
 
ただ今絶賛就活中の私。専門職なので正直すぐに就職先が見つかると思っていたのですが、甘かった…。
 
登録している人材派遣会社2社からは、
「お住まいの地域では、はっきり言って仕事は選べません」
「転勤がある・子どもがいる(しかもまだ小さい)・周りに頼れる家族がいないということは、かなりのハンデです」との衝撃の回答が!
子連れ転妻が仕事に就くことの厳しさを思い知りました。
 
すっかり戦意喪失して今後の働き方を再考していたとき、自宅近くにママのためのワークシェアオフィスがオープンしたと聞き、早速取材へ行って来ました!
 
 
静岡県東部 三島駅から徒歩10分ほどの場所にある【ShareS】。
 
(株)IPシンフォニー静岡支社が運営するママのためのワークシェアオフィス。
今年10月にスタートしたばかりです。
 
3
 
こちらでは企業や行政などから仕事を受託、経験やスキルを考慮しメンバーへ業務を依頼します。
もちろん業務終了まで責任をもってサポートしてくれますよ。
 
0
 
会員登録の手順ですが、まずは専用ページから仮登録をします。
※仮登録はこちらから⇒ http://ws.formzu.net/fgen/S96510176
 
仮登録後はオフィスにて担当者と面談。ここで希望する働きかたや、職歴・資格の有無、特技や今後挑戦してみたいことなどを伝えます。
 
2
 
転妻ならば引っ越しの手続きから荷造り・荷ほどきはお手のものだし、ランチ会幹事をやったことのある方ならばその経験も強みにできますよね。
経験がなくてもチャレンジしてみたいことがあればサポートしてくれるのも嬉しい!
 
面接が終了したら、必要書類を記載して登録完了となります。
実際に仕事をする際は、仕事内容にもよりますが在宅や現地派遣、ShareSオフィスなどで行います。
オフィスでの仕事の際には、お子さま連れでもOK!
 
キッズスペースも設けられています。
 
1
 
今回一歳になる息子を連れてお邪魔したのですが、目の届く場所で遊ばせておけるので安心だし、子供をあやすためのグッズを色々と持ち込まなくてもいいので助かりました♪
 
スタッフも絶賛育児中のママさんたちなので、子どもが騒いでもグズっても気兼ねなし。
私もちゃっかり本登録を済ませて帰ってきました。
 
4
 
転勤族に限らず、育児中のママたちが働きやすい環境であるとは言い難い今の日本。
 
子どもの預け先が見つからない、体調不良のときお迎えを頼める人がいない、思春期の子どもをしっかりと見守りたいから働きかたを変えたいなど…
ママならではの悩みもたくさんありますよね。
 
 
そんなときに自分の生活スタイルに合わせて、無理なく働けるワークシェアリングはとても魅力的。
 
もちろん正社員で働くよりも収入面では劣りますが、仕事を通して社会と繋がる機会を持ち続けること、ワークキャリアを途絶させないことが、いつかまた”ちゃんと働く”時のための自信にも繋がるのではないでしょうか
 
 
この取材を通して「転勤があっても実家が遠くても、子どもがいても、こんな働きかたが出来たら全然ハンデじゃなーい!」と前向きな気持ちになれました♪
 
ShareSの皆さん、ありがとうございました!
 
 
【ShareS Facebookページ】
https://www.facebook.com/shares.shizuoka/
 
 
★☆★☆★
 
かおりんからの原稿に、下記のようなメモがありました。
 
【「今は子育てなどでフルタイムでは働けない時期にあるけれど、ひと段落して収入・やりがい重視の働き方(がっつり働くようなニュアンス)をする時のために備えておく」といったニュアンスにしたいのですが…
 
「ちゃんと働く」だと『ちゃんと働くってなに?』って思われるような気がするので何か良い表現を考えたいです。】
 
 
今回そのまま掲載したのは、「専業主婦か、ちゃんと働く(=フルタイム正社員で働く)か」という二者択一の考え方が、日本ではまだまだ主流のように思えたからです。
 
 
私は夫の転勤のおかげで、大企業から零細企業まで9業界12社、正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイト・個人事業主として働き、役職についたことは人生一度もないけれど『メーカー子会社の課長と同等の仕事をする』非正規雇用のプロジェクトマネージャーを経て、ITコンサルタントになれました。
 
一番収入があった頃は、平日は終電まで残業&休日出勤でした。
 
今が一番収入がないのですが、TKT48を作ってからメディアに19回取り上げてもらえ、メンバー700名以上の巨大プロジェクトの組織体制構築やマネジメントを経験することができました。
 
”やりがい”は人それぞれだと思いますが、私にとっての”やりがい”は、
「ゼロから新しいことを生み出し、社会の役に立つこと」
 
 
 
TKT48を立ち上げる前、mixiの方で「転勤先でも仕事がしたい」という転妻メンバーが集まり、「転妻(てんつま)コンサルタントSuai(スーアイ)」というグループを作りました。
 
メンバーが社会復帰した経緯を、「転妻キャリアカフェ」HPにまとめてあります。
http://www.suai.tenkinzoku.net/rework.html
 
 
当時みんなで出した結論は…

自分に向いていて、かつ、自分が好きな仕事。それが「天職」。

転勤族の妻は夫の転勤により、「天職」探しの機会を何度もゲットできる!

 
正社員だから”やりがい”がある訳ではなく、”やりがい”を感じられたらその仕事が”天職”。
 
 
9業界12社で様々な”働き方”を見てきて思ったのは、「企画力・管理力・営業力があれば、どんな仕事でもできる」こと。
 
正社員総合職・専門職に必要なスキルと、管理職に必要なスキルは、全くの別物なんです!
 
ワークシェアでは特に「管理力」を持っているマネージャーの存在が必要不可欠なので、静岡リーダーをやっているかおりんは、そちらの方面でもスキルを発揮できるのではないかと思います。
 
 
もちろん管理の仕事ではなくても、「イベント企画」はランチ会&おでかけツアー等で実績を積んでいる最中だし、「情報発信」は静岡県非公認広報大使&長泉ママラッチですでに実績有!
 
TKT48の活動は、ボランティア活動と見せつつ、実は「社会復帰のためのビジネススキル訓練の場」だったりするのでした♪
 


★TKT48 参加方法
http://tkt48.net/member.html
★TKT48 今後のイベント
http://tkt48.net/news.html
 
★転勤族のためのポータルサイト「転勤族ねっと」
http://www.tenkinzoku.net/
★転妻のためのキャリアサイト「転妻キャリアカフェ」
http://www.suai.tenkinzoku.net/