TKT48について

  • HOME
  • TKT48について

転勤族パワーで地域活性化!&女性のキャリア支援活動中!
【地方創生×女性活躍推進】企画グループ「転勤族協会TKT48」

(埼玉県 さいたま市・戸田市・熊谷市 / 東京都調布市 / 札幌市 市民活動支援センター登録団体)


全国&海外を転々とする転勤族の夫と結婚した妻=転勤族の妻、略して、転妻(てんつま)


全国47都道府県+海外=48地域の転勤族の妻、略して、TKT48。
全国から地域情報を発信したり、地域交流イベントを開催して、転勤先の地域を応援しています。


TKT48の説明

各自本業を持ちながらも、CSRを超えたCSV(Creating Shared Value=共通価値の創出)のため、TKT48の活動に参加してくれています。

現在の具体的な活動は、下記の通りです。
① ランチ会や飲み会で友達づくり
② おでかけ、体験、講座をやって、転勤先を知る
③ 地元の団体や企業や行政とコラボして、転勤先を盛り上げる
④ キャリアのことも考えてみる

⇒ コトバンク:TKT48(てぃーけーてぃーふぉーてぃえいと)とは

⇒ 3分でわかるTKT48の歴史


ファン2300名・メンバー1400名・全国45+1チーム(2017/4現在)

 

【北海道エリア】チーム北海道
【東北エリア】チーム東北(青森・秋田・岩手・宮城・山形・福島)
【関東エリア】チーム東京神奈川千葉、チーム埼玉、チーム群馬、チーム栃木、チーム茨城
【甲信越エリア】チーム山梨長野、チーム新潟
【北陸エリア】チーム北陸(石川・富山・福井)
【東海エリア】チーム静岡、チーム愛知岐阜、チーム三重
【関西エリア】チーム関西(大阪・兵庫・奈良・和歌山・京都・滋賀)
【中国エリア】チーム岡山、チーム広島、チーム島根鳥取
【四国エリア】チーム香川徳島高知、チーム愛媛
【九州エリア】チーム九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)
【海外エリア】国際部(駐在員の妻の会)

TKT48の現在のキーワード
⇒ 「転勤族の妻」という女性活躍支援+地元団体と一緒に地方創生=共助社会づくり


現在のTKT48を一言で言うと、「転勤族の妻による、共助社会づくりのための、非営利型企画広報団体」です。
地元の行政や、地元で活躍する企業・団体と協業し、地域活性化のお手伝いをしています。

将来的に「転勤族による、社会問題総合研究所」を目指しています。


TKT48のキーワード

【目的】
1.パートナーの転勤・出産・育児などで「企業で働き続ける」選択肢を失った女性に、「社会復帰した転妻・駐在妻」というロールモデルを提示しサポートすることで、自立したキラキラと輝く女性を増やす。 ⇒ 【女性活躍推進】

2.2020年の東京オリンピックに向けて、日本の地方(ローカル)の視点と海外(グローバル)の視点から、日本そして日本人女性をキラキラと輝かせる企画を実施する。


【ねらい】
1.パートナーの国内転勤&海外駐在に同行する中で得られた経験・スキルを活かし、日本の地域活性化・グローバル化に貢献する。⇒ 【地方創生】

2.私達が地方転勤や海外駐在で困った際に地元の方にサポートしてもらったように、転入してきた転妻や来日した外国籍の方が困った時のサポートサービスを提供する。

「転勤族の妻」とは?

  1. 夫や彼が転勤になり、このまま自社でキャリア継続できないのか迷っている妻(予備軍)
    → モヤモヤとしている割合が多い

  2. 転勤族の夫と結婚し、夫の転勤により「嫌々ながら」会社を辞め、現在専業主婦やパート勤務の妻
    → モヤモヤとしている割合が多い

  3. 転勤族の夫と結婚し、夫の転勤先での生活を楽しみ、スキルを活かして転勤先でも地域活動や仕事をしている妻
    → TKT48メンバーに多い

  4. 夫が転勤になっても、自社の「配偶者帯同転勤制度」を利用し、転勤先でも仕事を続けている妻
    → これが理想

「転勤族の妻」の悩み

  1. 【キャリア断絶】 主婦コミュニティに溶け込めない、アイデンティティ喪失感

  2. 【異文化に対する適応力】 地域コミュニティに溶け込めない

  3. 【初めての子育てへの不安】 働いていたが故に、小さな子どもと触れ合う機会が無く不安

※①②③が全て揃うと、転勤うつになる可能性が高くなる

「転勤族協会~TKT48~」を設立した理由

  1. 【コミュニティ形成】 全国+海外の転勤族の妻が集まる、転勤族の妻の「居場所」作り
    → 「転勤うつ」を防ぐ

  2. 【キャリア支援】 「転勤族の妻」のモチベーション&スキルUP
    → 会社員復帰に必要な「企画力&マネジメント力」をつける機会を提供する

  3. 【地域活性化】 「転勤族の妻」と地元企業や団体との協働
    → 全国を転勤し各地の現場を知っている「転勤族」視点での企画サポートを行う

  4. 【転勤家族問題】 単身赴任問題をいかに解決するか
    → 「転勤族定住応援プロジェクト」

実績

  • 【メディア】
    【テレビ】
     NHK「熱中スタジアム」「めざせ!会社の星」「あさイチ」「ロクいち!福岡」「おはよう日本」、フジテレビ「ノンストップ!」、静岡だいいちテレビ(日テレ系)・静岡放送(TBS系)・静岡朝日テレビ(テレ朝系)、日本テレビ「NEWS ZERO」、TBS「NEWS23」、広島ホームテレビ(テレ朝系)
    【ラジオ】
     NHKさいたまFM・FM西東京
    【新聞】
     東京新聞群馬版、産経新聞関西版、北陸中日新聞、静岡新聞3回、西日本新聞、毎日新聞3回、上毛新聞、朝日新聞茨城版、読売新聞、北海道新聞
    【雑誌】
     VERY、産業カウンセラー協会会報、週刊ダイヤモンド、東洋経済「WORK AGAIN」、AERA、婦人公論、かがわ経済レポート
    【地域情報誌】
     ふりぺっこ(群馬)、クルールぐんま、新潟Komachi
    【Web】
     時事ドットコム、とらばーゆ、ハフィントンポスト、ラシク、東洋経済ハレタル

  • 【講師】
    男女共同参画センター横浜北、イクボス企業同盟勉強会、茨城県女性プラザ、埼玉県共助社会づくり課、埼玉ワーカーズ・コレクティブ連合会

  • 【企画】
    カーシェアリングのカレコ(カーシェアリングで都内おでかけツアー)
    水戸市役所(転妻視点の水戸みやげパンフ作成)
    一般社団法人ママプロぐんま(高崎に転入してくるママのためのハンドブック「ぐんまそだち」作成)
    ミサワホーム(転勤族定住応援プロジェクト:ホーム講座&分譲戸建設計)
    リロケーション・インターナショナル(転勤族定住応援プロジェクト:転妻コラム)